萩たたみ店 | 日記 | 畳の縁は何故、踏んではいけないのか!

商品やサービスからちょっとした喜びを感じ取っていただければ幸いです。

Top >  日記 > 畳の縁は何故、踏んではいけないのか!

萩たたみ店 の日記

畳の縁は何故、踏んではいけないのか!

2010.11.20

①畳縁結界説 
結界とは仏教用語で、聖地と俗地を分ける精神的な境界のことです。畳の縁を踏んでしまうと、保たれた結界が崩れてしまうという考えから。
②ホスピタリティ説
畳縁は身分や家柄によって、麻や絹の厚い生地が使われていたので多少段差があります。料理をお膳に載せて運ぶとき、自分の息が料理にかからないように、目の高さにお膳を持って料理を運んでいました。その際足元が見えないので 「畳の縁に躓く失礼が無いように」 という心使いから。
③身を守るための戒め説 
戦国時代の武将が、軒下に潜んだ刺客から身を守るための心得。畳の隙間から刺されるのを恐れ、布団を絶対に畳縁にかからないよう敷いたり、畳縁にかかるような座り方をしなかったため。
④家の象徴説
畳の縁はその家の格式を表しており、家紋を入れることもあります。それを踏むことはご先祖様や家人の顔を踏むことになり、大変失礼なことだから。
⑤動植物愛護説
動植物柄など生き物をテーマとした柄も多く使われたので、生き物や草花を踏みつける事は避けるべき、という躾。                       
http://www.mi-mat.com/

畳の縁は何故、踏んではいけないのか!

日記一覧へ戻る

【PR】  たなべ整骨院  mana yoga@上柴  ののやま眼科  焼き鳥まつなが  ラ・クス